2019 アートム・東舞鶴カップU-11

15日、伊佐津川運動公園にて行われました。
前期のリーグAチーム主体の11人で行ってきました。
結果
太秦 3-0 舞鶴
太秦 1-4 吉川
予選2位
2位グループトーナメントへ
1回戦 太秦 3-0 リベルテ氷上
決勝戦 太秦 2-0 紫
2位トーナメント優勝

初戦、開始から速いテンポでボールを動かして、相手チームを圧倒しました。ワイドに広く動かしては相手を広げ、鋭く縦パスを入れます。少ないタッチで数人が関わってボールを動かしていく事が出来ました。
しかし、10分で3点取った辺りからわがままなプレーが目立ち始めると、リズムが消えてしまいました。ボールを持ちすぎるのでスペースが無くなったり、強引なドリブルがあったりと以前のプレー内容に戻ってしまいました。
後半は幾分リズムを取り戻していきますが、無得点のまま終了となりました。
こういう部分を乗り越えていくことが、今後の大きな壁であり課題です。
2戦目は、明らかに私のミスでした。初戦、中だるみしたものの内容が良かったので、ポジションやメンバー構成を大幅に変更して試合に入りました。タイミングやテンポがまとまらず、後半の途中までで4失点となってしまいました。給水タイムで本来のポジションに戻したのですが、そこから一気に攻撃に転じ、相手コート半面での試合となりました。圧倒的に攻めだし1得点したものの、敗戦となってしまいました。
子供達にも謝って、せめて2位トーナメント優勝して帰ろうと、トーナメント戦に挑みました。
どちらの試合も、テンポの良いボール回しで、ピッチを広く使った攻撃が見られました。
修正点もたくさんありましたが、ひとつひとつクリアしながら、昨日と同様にもっと速く、強く、正確にプレーできるように頑張っていきましょう。
関係者の皆様、お世話になりありがとうございました。保護者様もサポートありがとうございました。