CERULEAN CUP U-11

17日、大阪羽曳野市のグレープヒルスポーツ公園まで行ってきました。お盆休みで来れない選手もいましたが、15人で行ってきました。

結果
太秦 9-0 大阪福島朝鮮初級学校
太秦 2-2 FC.VOLENT大阪
予選リーグ1位
決勝戦
太秦 1-2 新田南FC
準優勝

トレーニングマッチ
太秦 6-1 サザンウェイブ泉州FC

お盆の長期OFF明け最初の活動です。
急な運動で怪我の無いように、リカバリーウォーミングアップをしっかりとこなして試合に挑みました。
久しぶりのサッカーという事で、休み前まで積み重ねてきたサッカーがどこまで身についているかが自然にプレーに現れるので、朝から楽しみにしていました。
パスミスが多いかな、バテてしまうかな、と思っていましたが、期待以上のパフォーマンスを見せてくれました。
一つ一つ思い出しながら試合を重ねていき、全て、太秦主導の試合が出来ました。
みんなよく頑張って走り、内容的に見れば普通に優勝出来ていました。
ただ、失点に対しての危機意識が、厳しく言えば、全くありませんでした。
トレーニングマッチの1失点は、相手選手の素晴らしいドリブルからのスーパーシュートがサイドネットに決まり、相手を褒めるプレーでしたが、本戦の4失点は、全て普通に防げた失点です。
もっと厳しいピンチを簡単に防いでいながら、軽い気持ちとしか思えないプレスやシュートコースにも入らないなどでは失点は当たり前です。
ボールがゴールに向かって転がっている以上、どんなにゆっくりと転がっていても、それをじっと見ていれば、ボールはゴールに入ってしまいます。
8月中に、この意識を変えてしまいましょう。
そうすれば、準優勝続きの結果も優勝に変わっていくと思います。

対戦チームの皆様、ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
保護者様も、サポートありがとうございました。