Copa 西山2019 U-11 サマーカップ

14日、心配された雨にも降られず、丹波自然運動公園にて無事に開催されました。今日は前期リーグ戦のBチーム主体で行ってきました。

結果
予選リーグ
太秦 1-7 桂坂
太秦 0-2 修斉
太秦 4-0 伏見
リーグ3位
順位戦
太秦 1-0 RFC
8チーム中5位

雨で流れたりしていたので、久し振りの試合となりました。最近取り組みはじめたトレーニングが、しっかりと試合で出来るかを楽しみにしていました。
初戦は、うまくボールをつないで相手を振り回しながら守備の裏側を取り、先制しました。
しかし、うまくワンタッチ、ツータッチでボールを回すものの、5年生の前期に身に付けたボールを奪う事が全く見られませんでした。
ボールを回して、相手をうまく崩すことは出来ても、相手ボールを奪いに行かないので失点を重ねていきます。また、ここでも一つ新しい事をすれば、今までやってきた事を忘れてしまう部分が顔を出してしまいました。

試合後に、相手を崩せてもずっと太秦ボールという事は無いということ、相手ボールになったら、まず何をしなければならないのかと再確認した後は、試合ごとに内容が良くなっていきました。

偶然的なワンツーや無理なドリブル突破は全くなくなり、意図的なボールの動かし方が出来ていました。相手を片方のサイドに寄せては薄くなった逆サイドへ、素早く斜めのパスが入ります。
細かいダイレクトパスをつないで、3人目4人目の動きも見られました。
サイドを数的優位を作って突破してセンタリングからの、キーパーの正面をつくダイレクトシュートもありました。
最近のトレーニングが、すべて見られた4試合となりました。
あとは、この内容のプレーを、もっと早く、もっと強く、もっと正確にしていくだけです。
頑張りましょう!

関係者の皆様、ありがとうございました。
保護者様もサポートありがとうございました。