U-10大阪市長杯2日目

昨日に引き続き、舞洲のセレッソパークにて大阪市長杯2日目を戦ってきました。
決勝トーナメント1回戦
太秦1-1山田くらぶ
PK3-2
準決勝
太秦0-0八尾大正
PK3-2
決勝戦
太秦2-2イーリス生野
PK2-0
48チーム中、優勝!!
初戦は、元気が無く気持ちでも相手の方が上回っていましたので、中々厳しい試合でしたが、先制されてからの同点ゴール、逆転しようという意気込みが伝わる試合になり、PK戦を制して勝つことが出来ました。
準決勝も個の力、チーム力は相手の方が上回っていましたが、初戦とは違い、凄く意識を高く持ち、ボールを奪う姿勢は相手チームを上回っていました。試合は引き分けで終わり、初戦に続きPK戦での決着となりましたがこちらは3人がきっちりと決めて勝つことが出来ました。
決勝戦の前にみんなでミーティングを行いました。
初戦、準決勝はすべての選手を出すことが出来ませんでした、これは私の責任です。
なので、決勝戦はどんな結果になっても全員で戦いたいかと選手たちにたずねました、全員一致で「戦いたい」と返ってきました。正直、私も決勝戦はどんな結果になっても全員で戦おうと決めていましたが、選手たちも同じ気持ちだったので迷いは全く無くなりました。
決勝戦の相手は凄くレベルの高い選手がいて、前半に1失点、後半早々にも1失点と2点のビハインドで試合は進みましたが、給水タイムでベンチに戻ってきた選手たちはみんな、凄く楽しいと言っていたので何となく同点に追い付けそうな雰囲気がありました。そして、それは現実となりました。試合終了直前に最大のピンチが訪れましたが、何とかしのいで、またまたPK戦と本日3戦連続のPK戦での決着、こちらは2人がきっちり決めたのに対して、相手が2人失敗で勝つことが出来ました。
この決勝はチーム全員が自分の持っている力をフルに発揮できた今日一番の試合が出来たと思います。
太秦SS卒団生、セレッソ西ジュニアユースの飯田琉くん(写真中央)にも会えて、成長した姿が見れました。選手たちにも良い刺激になったのではないでしょうか?
大会主催者の皆さま、関係者の皆さま、2日間ありがとうございました。
保護者の皆さま、ありがとうございました。