U-11 ATM

8月7日、U-12と一緒に伊加賀トレーニングセンターにて蹉跎伊加賀さんとトレーニングマッチを行ってきました。

初戦のゲームは守備の意識が低く、相手の攻撃の的を絞ることができずに、ただなんとなくボールにアタックに行きかわされたり、コースを限定できていないのでボールを回されるシーンが多くみられ、アグレッシブさも感じられない内容でした。
2試合目以降はチームで守備をすること、ボール際のコンタクトを強くすること、奪ったボールは慌てず丁寧につなぐことに重点をおきました。チームでの守備が効果的にはまり、相手コートの高い位置でボールを奪うことができだしたり、パスコースを限定することでインターセプトが多くみられたり、相手選手はパスコースが消されているので仕方なく蹴ってしまったりとこちらのペースで試合を進められる展開が多くみられました。
ただ、奪ったボールを丁寧につなぐなどはまだまだミスが目立ったり、ボールの置き所や、サイドを変えるためのトラップ、体の使い方などの失敗も多くみられたので、今後のトレーニングなどで身につけていきましょう。

試合において情報(状況)を素早く得ることが必要不可欠です。そのためには目で見る、耳で聞く、声を出してしゃべる、このことを意識してみてください。

蹉跎伊加賀さんありがとうございました。